離婚をした友人の話。

最近私の友人が長年寄り添った方と離婚をしました。友人はもうすぐ40になる男性で、5歳と3歳の子供がいます。

離婚をする予兆など全くなく、仲睦まじい家庭だったのですが、ある時友人から奥さんの事について相談を受けました。

内容というのが、どうやら給料をすべて使い果たしてしまい、貯金を全くしていなかったというのです。

通信制高校の費用

私の友人はその事について知らなかったらしく、ショックを受けていました。

その後、どうにか立て直そうと友人がお金の管理を行ったり、相手の両親に相談したりと四苦八苦したらしいのですが、努力空しく離婚をするに至ったとの事でした。

奥さんについては怒りや憎しみの感情があるそうなのですが、2人の子供について思う事が沢山あるらしく、最後まで離婚の決断を悩んでいたそうです。

友人は私に明るく内容を話してくれますが、精神的に参っている状態である事は伺えます。

また、結局奥さんと離婚を決めたとたん相手が豹変してしまい、まるでいがみ合う敵同士のように話が進まない、また子供と面会する条件がドンドン酷くなっていくとの事でした。

普段芸能人の泥沼離婚ニュースを他人事のように見ていますが、やはり離婚となると同じような状況に陥るそうです。

ただ、離婚を経験した者同士でその大変さを理解しあえるとの事で、助かっている部分はあるようでした。

友人はとても人が良く、サービス精神旺盛で笑い話にしています。

離婚を経験していない私では真の部分は支えられないかもしれませんが、出来るだけ話を聞いてあげて、心が折れない様に気をつけています。