宅地となっているメリットは、家を楽に建てること

転勤族の娘たちが、親の私たちの地元に帰るようになることがあるのです。

その為、地元に帰った際に近くの場所に、家を建ててくれることが親である私の夢でした。

近所の不動産を何か所もまわって、娘達夫婦が暮らしやすく、また両親となる私達との行き来が出来やすい場所を探したのです。

探しているうちに、以前は田んぼでしたのに今は宅地となっている場所を探し見つける事が出来ました。

その場所は、交通の便もよいですし小学校へも10分も掛からなくていけるところでした。

その不動産で見つけた宅地の場所を、娘達夫婦に伝えました。
娘夫婦たちは、とても喜んでくれました。

娘たちは土地の購入をして、地元に帰るようになってから家を建てるように計画をすすめました。

4年間程は、宅地を購入して土地に家を建てていなかったのです。

娘の旦那さんが、県庁所在地となる地元へ転勤がきまった際に、土地を探す手間を両親の私たちが省いてあげたのです。

購入をしてからまだ娘たちが、地元に帰っていない時は私達夫婦が草を抜きになどもいっていました。

その決めた宅地は、気楽に暮らせる場所であることが私達夫婦と娘達夫婦とがとても気に入ったことです。

車が通る道路よりは入った宅地となっているため、その数件ある宅地への人だけが通ることしかないのです。

またその宅地への用事のある人や業者さんだけが利用するだけの道のため、生活することに目まぐるしさがないのです。

色々な面から考えても、娘達や両親の私達がとても気に入った場所となる宅地です。

転勤が地元に決まった時はまだ土地の状態で借家に住んでおりましたが、土地を購入しているため余裕をもって家だけを建てたらよいので娘達も楽でよかったと言ってくれました。

家を建てる土地探しのお手伝いができて、両親の私達も満足しています。

その宅地の右である南側は小さな川が流れており、娘たちが家を建てた後でも人の家が建つ心配がないのです。

日当たりの面でも満足できることです。

そうそう、引っ越しした後のマンションはすぐに売却しないで、人に貸し出すようです。いわゆる不動産の有効活用ですね。

ローンも完済しているようで、家賃収入を見込めるそうです。そしてその家賃は、今回の新たなローンの支払に充当できるようで、とても生活が楽になると言っていました。

ちなみ当初はマンションは売却する予定だったらしいのですが、相談に行った不動産屋に、賃貸への転用を提案されたようです。

そして、勉強にために不動産活用セミナーに参加したようです。