マイホームにこだわるところ

私は、まだマイホームを手に入れてません。でもいつも考えていますし、夢もあります。

もしマイホーム購入になったら、まずはキッチン周りを考えます。

それは対面式にしていつも家族の顔をみて料理などをして、毎日楽しくご飯を食べたいです。

あとは、リビングは、フローリングと畳の所を作りたいです。ソファーでくつろぎたいし、畳のところでもくつろぎたいからです。

次は、子供部屋と寝室と客室は、収納するところをたくさん作ってあまり部屋に出さないようにして、ゴチャゴチャした部屋には、したくないからです。

次は、浴室です。浴室には足が伸ばせてゆっくり入れる浴槽と必ず浴室乾燥をつけたいです。カビも防げて、梅雨の時期洋服も乾燥できて時間の短縮にもなります。

次は、家の顔でもある玄関です。玄関入って靴が見えなくて、広々として明るいと思えるような玄関にしたいです。窓も必ずつけて部屋の中にいないような感じにしたいです。

次は、バルコニーです。バルコニーは、広くて布団もらくらく干せて、バーベキューも出来るバルコニーにしたいです。双眼鏡をみて星を眺めたり、夫婦でお酒を飲んだりとたのしみたいです。

色々要望がありすぎて大変ですが、一生物なので妥協はしたくありません。

なので、すごく悩んだり、みんなするんだと思います。家の中にいて、飽きなく家にいることが、好きになれる家にもしたいです。

今は、家にいても飽きてしまい、休みの日は、必ず外に出かけます。そうなると、余計なお金も使ってしまうし、疲れて帰ってくるのが、ほとんどです。

それをなくすには家にいても飽きずに楽しく生活ができる家にしないと無理かも知れません。

私は、それが目標です。これからも、いろんな資料などを見て勉強して、いい家を手に入れたいと思います。

家もそうですけど、家具も考えないといけません。そちらも家にあった落ち着きのある家具探しも重要だと思います。

マイホーム探しが随分楽になった気がする

昔はマイホームを作ると言えば、展示場とかは少なくて工務店に直接交渉しに行ったり知人を通じて建築会社を紹介してもらうなど人間同士が顔を見合って頑張る必要がありました。

汗だくになりながらマイホームを完成させたがっていた両親の姿を見てきたので、私の同じように足を使って努力することになるのだろうと思っていたのです。

ところが、最近だとインターネットで探せてしまうので助かると思っています。

もちろん展示場も増えていて利便性が高まっていることを感じますが、やはり自宅にいるままの状態でマイホーム探しが完結するということには魅力を感じざるを得ません。

たとえば、私の場合はマイホームに求める条件がいくつかあります。平屋建てで海の近くにあり、極めつけは広い庭があることです。

たとえ中古であろうとも構わないので、もしも昔なら不動産会社を何軒も訪問したり人伝に情報収集する必要があったことでしょう。

しかしながら、私は一歩も家を出ることなく海沿いの素敵なマイホームを見つけることができました。

他にも気になる物件があったのですが、業者のサービスの良さが決め手になりました。

インターネットのサイトで物件詳細を見ていたら、いきなり小さなポップアップが登場したのです。何事かと思いきや、業者の担当者と直接チャットができる機能でした。

試しに日当たりについて具体的な情報を求めてみたら、簡潔な文章で教えてもらえました。

その他にも多くの質問を投げかけましたが、素早いタイピングで対応されて驚いたものです。

物件を実際に確認する約束をしてからも、電話などでキメ細かい接客が行われました。

日当たり良好で潮風を感じられる最高の物件でしたから、マイホームとして購入することを決意したのです。

それからも何度か業者のお世話になることがありましたが、いつでも親切な対応に安心できています。

インターネットだと顔が見えないことが不安でしたが、誠実さは工務店などと変わらないと思います。

快適な家、と感じる注文住宅を建てたいものです。

快適な家、と感じる注文住宅を建てたいものです。
2. 文章を作成下さい。
家の中では、動きがスムーズに出来るお家がいいものです。

家族は勿論のこと、奥様が用事を楽にこなすことが出来る動線となるお家をつくることが大事ではないでしょうか。

私がもう一度家を建てる事が出来るならば、洗濯機の近くに外へのドアをつくりたいのです。
設計上、壁をつくる必要があることなどがあり、難しかも知れないのですがそんな家のつくりとしたいのです。

洗濯機から洗濯物をだして、サッと横にあるドアを開けて干しに行く事が出来ると便利な家と感じるのです。
洗濯は毎日の様にするものであり、洗濯が終わり次第すぐ干しに行く場所があるとよいなあと思います。

私が知っている限り、案外そんなお家が少ない様な気がします。

最近では浴室乾燥機などで、雨の日のお洗濯もラクに乾かす事が出来ます。

お台所でも、ご家族との会話の中食事をつくることなども対面式のキッチンで出来ます。
後ろを振り向けば食器を取り出すこともできて、快適で便利な対面式キッチンとなります。

台所と浴室が近いことも、女性にとっても過ごしやすい家となります。

家を建てるにも、永久的ではないものです。
屋根や外壁がどのくらいもつものかという事など、家をもつ際には専門家に聞くことも必要と思います。

少し高めとなる外壁の塗装となっても、耐久性が高い方がよい人もおられます。

最近はエアコンをつかって快適に暮らす事ができますが、自然の吹き抜ける風の家は良いものです。
夏など北から南へと吹き抜ける風を感じて、少し寝転ぶことなど身体を休める一つの方法だと思うのです。

風を通す事で、家のもちが良いものと聞いたことがあり私などよくその方法をとります。

出来るならば、玄関と家の中には段差をつけないことも、良いと感じるのです。
家を建てるにも、現在だけのことを思うのではなく、住む人が年齢を重ねることで動きやすい家の造りにしておく事も大事です。

例えば身体が動かしにくくなった場合に、車いす生活には家の造りは段差がない家にしていた方がよいと感じるのです。