頑張ったマンションリフォーム

昨年3月から2ヶ月かけて、築21年目なる持ち家のマンションをリフォームした。

リフォームを考え始めた頃、新聞にミサワホームのリフォームモニター募集の広告があり、選ばれたならば、バスルームにかかる費用がタダになるというもの、とりあえず申し込みをした。

幸運にも、モニターに当選し、他の工務店の見積もりもとったが、ミサワホームの特典が大きく、ミサワにお願いすることになった。

今回のリフォームの第1の目的は、地震に対し安全であること、だったので、これまで結婚以来使ってきた、大きな婚礼たんす一式を処分、その代わりに、和室の押入れを壊し、6畳間を4畳半にして、約3畳程のウォークインクローゼットを作ることにした。

また、リビングにあった、背の高い、食器棚もなくし、キッチンに造り付けでカップボードも設置するこにした。そのためには、たんすの処分、食器棚をどうするのか、これが思った以上に大変なことであった。

神戸や東日本の震災後、大きなたんすや食器棚は、転倒が危ないということで、リサイクルショップでは、全く売れない商品であると、聞いた。

想いれのあった婚礼タンスは、残念ながら、お金を払い、処分してもうことになった。食器棚は、考えた末、真ん中で切り離し、2つのサイドボードに作りかえてもらうこにした。

家のリフォーム以上に家具のリフォーム業者を選定するのが、難しかった。過去に経験がなかったので。いろいろと調べた上で、よい業者が見つかり、お金は予定より少し高くかかったが、食器棚が素敵なサイドボードに生まれ変わった。

壁、天井のクロスの張替え、これまで絨毯だったリビングの床を、フローリングに、台所、トイレ、洗面、バスを総入れ替え、このままでは、ありきたりのリフォームで終わってしまうので、予算オーバー覚悟で、リビングのメインの壁一面に、エコカラットをはった。また、玄関の壁にも、一畳程の大きさのエコカラットをデザイン性も兼ねて、はった。

引越しをしてのリフォームで、何から何まで、金銭的な面や体力的なこと含め、本当に大変だったが、今は快適になった我が家で、毎日楽しくくらしている。頑張ってよかった。

快適な家、と感じる注文住宅を建てたいものです。

快適な家、と感じる注文住宅を建てたいものです。
2. 文章を作成下さい。
家の中では、動きがスムーズに出来るお家がいいものです。

家族は勿論のこと、奥様が用事を楽にこなすことが出来る動線となるお家をつくることが大事ではないでしょうか。

私がもう一度家を建てる事が出来るならば、洗濯機の近くに外へのドアをつくりたいのです。
設計上、壁をつくる必要があることなどがあり、難しかも知れないのですがそんな家のつくりとしたいのです。

洗濯機から洗濯物をだして、サッと横にあるドアを開けて干しに行く事が出来ると便利な家と感じるのです。
洗濯は毎日の様にするものであり、洗濯が終わり次第すぐ干しに行く場所があるとよいなあと思います。

私が知っている限り、案外そんなお家が少ない様な気がします。

最近では浴室乾燥機などで、雨の日のお洗濯もラクに乾かす事が出来ます。

お台所でも、ご家族との会話の中食事をつくることなども対面式のキッチンで出来ます。
後ろを振り向けば食器を取り出すこともできて、快適で便利な対面式キッチンとなります。

台所と浴室が近いことも、女性にとっても過ごしやすい家となります。

家を建てるにも、永久的ではないものです。
屋根や外壁がどのくらいもつものかという事など、家をもつ際には専門家に聞くことも必要と思います。

少し高めとなる外壁の塗装となっても、耐久性が高い方がよい人もおられます。

最近はエアコンをつかって快適に暮らす事ができますが、自然の吹き抜ける風の家は良いものです。
夏など北から南へと吹き抜ける風を感じて、少し寝転ぶことなど身体を休める一つの方法だと思うのです。

風を通す事で、家のもちが良いものと聞いたことがあり私などよくその方法をとります。

出来るならば、玄関と家の中には段差をつけないことも、良いと感じるのです。
家を建てるにも、現在だけのことを思うのではなく、住む人が年齢を重ねることで動きやすい家の造りにしておく事も大事です。

例えば身体が動かしにくくなった場合に、車いす生活には家の造りは段差がない家にしていた方がよいと感じるのです。

段差をつけてのフローリングにしておき、後に畳を敷き詰める方法

転勤族は、引っ越しばかりをするので、そういう意味では忙しくもあります。
家族が何回か引っ越しをしましたが、子供も高校生になる頃に、私達夫婦は自分の家が欲しくなりました。

家をもつことは、主人だけが転勤をすることの決意ができたからです。

建売住宅もいいけれど、一生に一度位しか建てられないことを思い、注文住宅が欲しいと思いました。

我が家を建てて頂きました建築会社は、2階の屋根裏にも部屋をつくってくれました。
この事は私達夫婦が言わなかったのですが、建築会社さんから教えて下さいました。
「屋根裏までにも収納」を注文者にうり言葉としている様で、自信をもち言ってくれたのです。

お陰で普段使わないお雛様セットとなるスチールの入れ物や、テントのセットなどラクラクと置けますので良かったと感じております。
屋根裏ですので、少し大人が背を丸くすれば入る事ができます。
スペースも思ったより広くとってくれています。

二階建ての家が欲しかった私達夫婦です。
これは二人の娘にそれぞれに部屋を、二階につくってあげたかった為です。
ベッドには白い木目があるものを、二人の娘に置いてベッドカバーはクマさんの柄で縫ってあげました。

それぞれの部屋には、壁で仕切りをしないでお互いが行き来出来るようにしました。
壁の代わりに4枚の引き戸とし、最高に開ける様にすれば2枚ある戸の幅状態となります。
子供部屋の二間に、開放感がある家となりました。

そして長女の部屋には、段差をつけているのです。
これは将来娘がお嫁に行った際に、畳を置き和室の感じの部屋にできると思ったからです。

家を建てるにも日本人が落ち着ける様にと、和室を最低一部屋は欲しいものではないでしょうか。

快適に過ごす事ができる家づくりが良いものです。
家の中の壁の色や、フローリングなどの色でも感じ方が違います。

また家の引き立て役として、お庭に細目の枝の木やお花をつくる事で、ますますいいお家と感じられます。
注文住宅を建てる際には、外壁の色にもこだわりたいものです。