快適な家、と感じる注文住宅を建てたいものです。

快適な家、と感じる注文住宅を建てたいものです。
2. 文章を作成下さい。
家の中では、動きがスムーズに出来るお家がいいものです。

家族は勿論のこと、奥様が用事を楽にこなすことが出来る動線となるお家をつくることが大事ではないでしょうか。

私がもう一度家を建てる事が出来るならば、洗濯機の近くに外へのドアをつくりたいのです。
設計上、壁をつくる必要があることなどがあり、難しかも知れないのですがそんな家のつくりとしたいのです。

洗濯機から洗濯物をだして、サッと横にあるドアを開けて干しに行く事が出来ると便利な家と感じるのです。
洗濯は毎日の様にするものであり、洗濯が終わり次第すぐ干しに行く場所があるとよいなあと思います。

私が知っている限り、案外そんなお家が少ない様な気がします。

最近では浴室乾燥機などで、雨の日のお洗濯もラクに乾かす事が出来ます。

お台所でも、ご家族との会話の中食事をつくることなども対面式のキッチンで出来ます。
後ろを振り向けば食器を取り出すこともできて、快適で便利な対面式キッチンとなります。

台所と浴室が近いことも、女性にとっても過ごしやすい家となります。

家を建てるにも、永久的ではないものです。
屋根や外壁がどのくらいもつものかという事など、家をもつ際には専門家に聞くことも必要と思います。

少し高めとなる外壁の塗装となっても、耐久性が高い方がよい人もおられます。

最近はエアコンをつかって快適に暮らす事ができますが、自然の吹き抜ける風の家は良いものです。
夏など北から南へと吹き抜ける風を感じて、少し寝転ぶことなど身体を休める一つの方法だと思うのです。

風を通す事で、家のもちが良いものと聞いたことがあり私などよくその方法をとります。

出来るならば、玄関と家の中には段差をつけないことも、良いと感じるのです。
家を建てるにも、現在だけのことを思うのではなく、住む人が年齢を重ねることで動きやすい家の造りにしておく事も大事です。

例えば身体が動かしにくくなった場合に、車いす生活には家の造りは段差がない家にしていた方がよいと感じるのです。