居当日からやっておきたい浴室を綺麗に保つコツ

水周りは汚れやすく、でも一番清潔に保っておきたい場所ですよね。
特にマイホームとなれば尚更。
時間が経ってからいざ綺麗にしようと思っても水周りの汚れはなかなか頑固です。
なので、日々の予防が大切になります。
最初はちょっと面倒だと感じると思いますが、慣れてしまえばなんてことありません。
それよりも毎日清潔に保たれている満足感の方が勝りますので、是非お勧めします。
我が家で実践していることを紹介します。

まずは、備え付けの棚を外します。
シャンプーなどが置けるようになっている棚。あれが備え付けられていると床に置いたりわざわざラックを購入したりせずに済むので便利ですよね。
でもあそこに色々置いてしまうと、シャンプー類が液垂れしたり水垢がついたりして汚れが溜まります。
ボトルの裏がヌメッとしていた経験がある方もいるのではないでしょうか。
毎回ボトルを洗って綺麗に保っていればいい話なのですが、面倒くさがりが多い我が家ではあの棚を使わないことにしました。
ではどうしているのかというと、100円均一などで売られているワイヤーラックをS字フックを使って吊り下げてそこに収納しています。
ワイヤーラックは網目が大きいので汚れが付着しずらく、我が家では白くコーティングされているものを使用しているのですが、錆びてしまうこともありません。
石鹸やカミソリなど、ラックに収まりきらないものは壁につけられる吸盤タイプのものを使用します。
お風呂から出る際にさっとシャワーで全体を流せば、それだけで綺麗がたもたれます。

次にお風呂の蓋は使用しません。
これは人数が多かったりするご家庭には向かないかもしれませんが、お風呂の蓋って結構汚れが落としにくいですよね。
丸められるタイプのものは特に溝の汚れ落しに苦労させられます。
なのでいっその事使用しないことに決め、今は押入れに眠っています。

最後に、掃除道具を浴室に置く。
すぐ手に取れる場所に置いておくことで、汚れが気になった時すぐに掃除ができます。
これも床などに置いてしまうと掃除道具自体が汚れてしまいますので引っ掛けられるタイプのものを選び、上に吊せるようにしておくことをお勧めします。
そして水切りワイパーも忘れずに用意してください。
水気が残っていると水垢やカビの原因となりますので、お風呂から出る際壁や鏡に付いた水分をワイパーで取っておくと格段に汚れがつきにくくなります。
これもすぐ手の届くところにあればやりやすいですよね。

以上が我が家の浴室を綺麗に保つコツです。
ご家族の協力も必要ですが、ずっと住む家を長く綺麗に気持ち良く保つために是非やってみてください。