頑張ったマンションリフォーム

昨年3月から2ヶ月かけて、築21年目なる持ち家のマンションをリフォームした。

リフォームを考え始めた頃、新聞にミサワホームのリフォームモニター募集の広告があり、選ばれたならば、バスルームにかかる費用がタダになるというもの、とりあえず申し込みをした。

幸運にも、モニターに当選し、他の工務店の見積もりもとったが、ミサワホームの特典が大きく、ミサワにお願いすることになった。

今回のリフォームの第1の目的は、地震に対し安全であること、だったので、これまで結婚以来使ってきた、大きな婚礼たんす一式を処分、その代わりに、和室の押入れを壊し、6畳間を4畳半にして、約3畳程のウォークインクローゼットを作ることにした。

また、リビングにあった、背の高い、食器棚もなくし、キッチンに造り付けでカップボードも設置するこにした。そのためには、たんすの処分、食器棚をどうするのか、これが思った以上に大変なことであった。

神戸や東日本の震災後、大きなたんすや食器棚は、転倒が危ないということで、リサイクルショップでは、全く売れない商品であると、聞いた。

想いれのあった婚礼タンスは、残念ながら、お金を払い、処分してもうことになった。食器棚は、考えた末、真ん中で切り離し、2つのサイドボードに作りかえてもらうこにした。

家のリフォーム以上に家具のリフォーム業者を選定するのが、難しかった。過去に経験がなかったので。いろいろと調べた上で、よい業者が見つかり、お金は予定より少し高くかかったが、食器棚が素敵なサイドボードに生まれ変わった。

壁、天井のクロスの張替え、これまで絨毯だったリビングの床を、フローリングに、台所、トイレ、洗面、バスを総入れ替え、このままでは、ありきたりのリフォームで終わってしまうので、予算オーバー覚悟で、リビングのメインの壁一面に、エコカラットをはった。また、玄関の壁にも、一畳程の大きさのエコカラットをデザイン性も兼ねて、はった。

引越しをしてのリフォームで、何から何まで、金銭的な面や体力的なこと含め、本当に大変だったが、今は快適になった我が家で、毎日楽しくくらしている。頑張ってよかった。