中古と新築で悩んだ結果

子どもの誕生をきっかけに10年間住んだ賃貸アパート生活にピリオドを打つべく、マイホームを探し始めた私達家族ですが、理想と現実のギャップに直面しました。

周りのママ友達は当たり前のように土地を購入し、注文住宅を建てていました。

私は安易に、同じ1歳の子どもを持つ専業主婦の家庭ができていることなのだから、我が家も当然のように、同じように土地を購入し、注文住宅を建てることができると思って探し始めました。

でもそれは大きな間違いで、その間違いに気づいていないのは私だけでした。夫も私の両親も我が家の収入では、とても無理であることを承知していました。

ハウジングセンターへ行き、営業の方と話を進めてみると、現実は厳しいことに気づき出しました。でもせっかくのマイホームならば、と諦めきれない気持ちもありました。しかしながら、私以外は乗り気ではありません。仕方がないので、新築の建売住宅を見に行くも、希望の条件の物件が見つかりませんでした。

半ば、諦めかけた時でした。中古住宅ではありましたが、条件的にも価格的にも目を惹く物件が見つかったのです。今までは乗り気ではなかった夫もこの物件ならば、と前向きでした。私の両親も同じでした。

多額のローンに苦しむよりも、身分相応の物件ではないか、と思ったようです。正直、私は悩みました。自分の理想と希望を取り入れたピカピカの新築住宅に住みたい、でも多額のローンの支払いに生活を束縛され、即、共働きでないと返していけないようではただ、マイホームを手に入れただけで終わってしまう。

長年待ち望んで産まれた我が子を保育園に預け、ローンのために働きに出る生活。それが、理想の生活なのだろうか。自問自答した結果、私は中古住宅という選択に決めました。

確かに、ピカピカな新築は憧れです。でも、マイホームは手に入れただけでは終わりません。維持をしていくことも必要です。

また、子どもが大きくなれば今以上に子どもにもお金がかかってきます。無理は禁物です。私達には、この選択がきっと正しかったと思っています。