居当日からやっておきたい浴室を綺麗に保つコツ

水周りは汚れやすく、でも一番清潔に保っておきたい場所ですよね。
特にマイホームとなれば尚更。
時間が経ってからいざ綺麗にしようと思っても水周りの汚れはなかなか頑固です。
なので、日々の予防が大切になります。
最初はちょっと面倒だと感じると思いますが、慣れてしまえばなんてことありません。
それよりも毎日清潔に保たれている満足感の方が勝りますので、是非お勧めします。
我が家で実践していることを紹介します。

まずは、備え付けの棚を外します。
シャンプーなどが置けるようになっている棚。あれが備え付けられていると床に置いたりわざわざラックを購入したりせずに済むので便利ですよね。
でもあそこに色々置いてしまうと、シャンプー類が液垂れしたり水垢がついたりして汚れが溜まります。
ボトルの裏がヌメッとしていた経験がある方もいるのではないでしょうか。
毎回ボトルを洗って綺麗に保っていればいい話なのですが、面倒くさがりが多い我が家ではあの棚を使わないことにしました。
ではどうしているのかというと、100円均一などで売られているワイヤーラックをS字フックを使って吊り下げてそこに収納しています。
ワイヤーラックは網目が大きいので汚れが付着しずらく、我が家では白くコーティングされているものを使用しているのですが、錆びてしまうこともありません。
石鹸やカミソリなど、ラックに収まりきらないものは壁につけられる吸盤タイプのものを使用します。
お風呂から出る際にさっとシャワーで全体を流せば、それだけで綺麗がたもたれます。

次にお風呂の蓋は使用しません。
これは人数が多かったりするご家庭には向かないかもしれませんが、お風呂の蓋って結構汚れが落としにくいですよね。
丸められるタイプのものは特に溝の汚れ落しに苦労させられます。
なのでいっその事使用しないことに決め、今は押入れに眠っています。

最後に、掃除道具を浴室に置く。
すぐ手に取れる場所に置いておくことで、汚れが気になった時すぐに掃除ができます。
これも床などに置いてしまうと掃除道具自体が汚れてしまいますので引っ掛けられるタイプのものを選び、上に吊せるようにしておくことをお勧めします。
そして水切りワイパーも忘れずに用意してください。
水気が残っていると水垢やカビの原因となりますので、お風呂から出る際壁や鏡に付いた水分をワイパーで取っておくと格段に汚れがつきにくくなります。
これもすぐ手の届くところにあればやりやすいですよね。

以上が我が家の浴室を綺麗に保つコツです。
ご家族の協力も必要ですが、ずっと住む家を長く綺麗に気持ち良く保つために是非やってみてください。

宅地となっているメリットは、家を楽に建てること

転勤族の娘たちが、親の私たちの地元に帰るようになることがあるのです。

その為、地元に帰った際に近くの場所に、家を建ててくれることが親である私の夢でした。

近所の不動産を何か所もまわって、娘達夫婦が暮らしやすく、また両親となる私達との行き来が出来やすい場所を探したのです。

探しているうちに、以前は田んぼでしたのに今は宅地となっている場所を探し見つける事が出来ました。

その場所は、交通の便もよいですし小学校へも10分も掛からなくていけるところでした。

その不動産で見つけた宅地の場所を、娘達夫婦に伝えました。
娘夫婦たちは、とても喜んでくれました。

娘たちは土地の購入をして、地元に帰るようになってから家を建てるように計画をすすめました。

4年間程は、宅地を購入して土地に家を建てていなかったのです。

娘の旦那さんが、県庁所在地となる地元へ転勤がきまった際に、土地を探す手間を両親の私たちが省いてあげたのです。

購入をしてからまだ娘たちが、地元に帰っていない時は私達夫婦が草を抜きになどもいっていました。

その決めた宅地は、気楽に暮らせる場所であることが私達夫婦と娘達夫婦とがとても気に入ったことです。

車が通る道路よりは入った宅地となっているため、その数件ある宅地への人だけが通ることしかないのです。

またその宅地への用事のある人や業者さんだけが利用するだけの道のため、生活することに目まぐるしさがないのです。

色々な面から考えても、娘達や両親の私達がとても気に入った場所となる宅地です。

転勤が地元に決まった時はまだ土地の状態で借家に住んでおりましたが、土地を購入しているため余裕をもって家だけを建てたらよいので娘達も楽でよかったと言ってくれました。

家を建てる土地探しのお手伝いができて、両親の私達も満足しています。

その宅地の右である南側は小さな川が流れており、娘たちが家を建てた後でも人の家が建つ心配がないのです。

日当たりの面でも満足できることです。

そうそう、引っ越しした後のマンションはすぐに売却しないで、人に貸し出すようです。いわゆる不動産の有効活用ですね。

ローンも完済しているようで、家賃収入を見込めるそうです。そしてその家賃は、今回の新たなローンの支払に充当できるようで、とても生活が楽になると言っていました。

ちなみ当初はマンションは売却する予定だったらしいのですが、相談に行った不動産屋に、賃貸への転用を提案されたようです。

そして、勉強にために不動産活用セミナーに参加したようです。

帰宅してすぐ手を洗える流し台

私が購入したマイホームはもともと設計が決まっている、いわゆる“建売物件”でした。

建売物件だと、基本的には提示された設計条件の変更はなかなか出来ません。

さらにはすでに家が完成した状態で売られていることも多いので、その場合は変更のしようがないが無いのです。

でも私がお世話になっていた不動産屋さんから「多少のご希望には応えられます」と言われたので、ひとつだけプランの変更をお願いしました。

そこでワガママを聞いてもらうことができたのは、購入したタイミングが家の建築前だったからです。

建築プラン自体は確定していましたが、購入の契約をした時にまだその土地は更地で家の基礎すら作られていませんでした。

私が変更をお願いした内容は、玄関を入ってすぐの場所に手を洗うことができる鏡付きの流し台を付けることでした。

外出から戻った時や、お客さんが来た時に、ササッと使える流し台が欲しかったのです。

実は建売物件だとこれが無い設計がほとんどでした。
友人宅へ行くと、お風呂の横にある洗面台で手を洗わせてもらうことが多いですが、
なんとなく個人的には歯ブラシや洗顔フォームなどを見られることに抵抗を感じます。

あとは、お掃除が苦手なことを自覚しているので、日々使用する汚れやすいスペースとお客さんが使うスペースを分けておきたい考えがありました。

恥ずかしながら、このプラン変更の動機は私のズボラな性格によるものです。

実際のところお客さんが泊まる場合でない限り、家族が日常的に使う流し台は見られなくて済むので楽です。

うちに遊びに来た友人などからも、「こういう流し台があるといいね」と言ってもらえることが多いのでうれしいです。

子どもや子どもの友達が来ると手が泥だらけだったりして、洗う場所が玄関前だと部屋に汚れを持ち込む前に洗い落とせるのでとても良いです。